2019年6月28日金曜日

自然保育 「水」


今日はみんなの大好きな自然保育の日。ケロちゃんとスミレちゃんが来てくれて「水」をテーマにいっぱい遊びました。
大きな葉っぱで水を運んだり、花や様々な葉を浮かべて釣りをしたり、レインハウス(段ボール)の屋根に水をかけたり、竹水鉄砲であそんだり…どれも楽しい遊びばかりでした。
ケロちゃんが「自然物は道具としては不完全だからこそ、協力したり工夫したりできる。自然の物はこども達のそうした力を引き出してくれる」と言っていました。本当にそうだなぁ、と思います。
あれこれ試すことが夢中になって遊ぶことにつながるのでしょう。最初から上手くいってしまう物(既成のおもちゃ等)は意外とすぐ飽きられてしまいますよね。
葉っぱなどはそれこそ同じ形や大きさのものは無いのですが、水を運ぶ、防ぐなどの用途に合わせて瞬時に適したものを選んで遊んでいました。なかなか見事でしたよ。
こども達も先生たちもみんなびしょびしょになって遊びました。楽しかったね。
次は10月。またケロちゃんやスミレちゃんと遊びましょう。
今から待ち遠しい!(ま)










0 件のコメント:

コメントを投稿