2019年5月31日金曜日

今年度1回目「あまがさすの森」~ケロちゃんと一緒に~

今日は年中さん・年長さん、つくし組の親子、ケロちゃんと一緒にあまがさすの森へ行きました。バスが到着すると私はどうしてもワクワクしてしまうのですが、こども達も同じようでした。心配していた天気もなんとかもってくれてみんなで森へ出かけることができました。
森につくとこども達と一緒にお祈りをしてその静かなまま鳥の声を聴いて、太陽の光を感じました。そのあとはすぐに遊びを見つけてそれぞれが自由に遊んでいました。さすがに昨年も遊びに来たことのあるこども達、ちゃんと覚えているんですね。カニはこっちにいるんだとか、この木は揺れて遊べるんだとか、自分たちの遊びのフィールドとして自由に動けていました。
 今回は今までにない仕掛けを用意しました。ズバリ、ロープです。ロープを使って がけ登り。1本は低いところに、もう1本は急斜面に。急斜面を登った行き先には「お茶碗の木」の切り株があります。そこを目指し、登っていくのですが、それが、まぁ大変なんです。見た目にも結構な斜面だと思うのですが、こども達は果敢にチャレンジしていました。少しへこたれそうになった時も「私はもう年長さんなんだからできる!」などと言って自分を奮い立たせていました。私も汗だくになりながら、そんなこども達の様子に絶対ケガさせない!と私も自分を鼓舞していました。(それにしても体が重くなりました…)登った切り株から下を見下ろすと他のお友達が遊んでいる様子を一望できます。こども達にとっては「冒険」とともに「達成感」も得られたのではないでしょうか。
もっとこの森で遊んでいたい…そんな思いを持ちながら帰りのバスに乗り込みました。
保育後はケロちゃんと先生たちと今日を振り返っての研修会。ケロちゃんから実に様々なアドバイスをいただき、これからの保育がますます楽しみになりました。
こども達と共に豊かな遊びの中から私たちも成長していきたいと思います。(ま)


 













 

5月生れの誕生会

昨日は5月生れのお誕生会がありました。
大きくなったら看護師になりたい女の子、カーレーサーになりたい男の子、ドーナツ屋さんになりたい女の子、モノレールの運転手さんになりたい男の子、プリキュアになりたい女の子、新幹線の運転手さんになりたい男の子、プリキュアになりたい女の子、プリキュアになりたい女の子、プリキュアになりたい女の子、の9名のお友達をみんなでお祝いすることができました。

今年は保護者の方々からは名前の由来について紹介していただいています。
どの名前もお父さんとお母さんの愛情あふれる素敵な名前で、これからもその名の通りすくすくと大きくなってほしいな、と思いました。

その後は、フープを使って(椅子取りゲームのような)みんなで遊びました。小さなフープでもなかよくみんなで輪の中に入る様子はとても微笑ましいものがありました。

5月生れのお友達、お誕生日おめでとう!(ま)

2019年5月22日水曜日

長山篤子先生がご来園くださいました。

今日は長山篤子先生が青梅幼稚園に遊びに来てくださいました。
長山先生は青山学院幼稚園主事、同短大・大学非常勤。聖学院大学客員教授。東洋英和女学院大学非常勤。 大妻女子大学児童教育学科非常勤。キリスト教保育連盟理事長、キリスト教保育連盟名誉理事を歴任された先生です。著書も多数おありで、特に「こどもの思いやり」について、膨大な量の事例を基に深い研究をされた保育の専門家です。

予定では礼拝の後、私が長山先生を迎えに行くはずだったのですが、朝電話があり、「準備できたから自力でいきますね。礼拝から参加できると思いますよ。」…「!」
未熟な私は「礼拝…みんな落ち着いて参加してくれるかな…」などど一抹の不安とともに時は過ぎていきましたが、さすが青梅幼稚園の園児はよくできた子達です。今日の礼拝もしずかーにお話を聞いてくれました。(正直、ホッとしました(笑))。
  礼拝の後、みんなに紹介させていただきました。すると先生は「『おばあちゃん』ってよんでくださいね」と言ってくださり、その後の自由遊びの時間は「おばあちゃん!おばあちゃん!」とこども達が何人も寄ってきました。しばらくこども達の遊ぶ様子をご覧になった後で先生に絵本の読み聞かせをしていただきました。先生は絵本の紹介をするお仕事もされており、選んで持ってきていただいた絵本をこども達は耳を澄ませて聞いていました。

「やっぱりね、青梅幼稚園くらいの規模がちょうどいいのよ。みんなとってもおだやかに育っているのがよくわかる」とおっしゃってくださいました。とても嬉しく思いました。
そして、なんと毎月1回水曜日(日程は都度調整します)に長山先生は青梅幼稚園に遊びに来てくださることになりました。

もれなく礼拝から参加されるということで私はドキドキしますが、青梅幼稚園がこのようなつながりの中から豊かになっていくことに心より感謝です。(ま)







第3回つくし組 大雨の中どんな活動をしたかというと…

昨日は大雨でした。今年一番の雨だったようで、風も強く、台風のようでしたね。

こんなお天気だから、つくし組に遊びに来るお友達はいないかもしれないな…そんな風に思っていました。しかし、ふたを開けてみるとお姉ちゃんの登園後、そのまま幼稚園のこひつじの部屋で遊んでつくし組に参加した親子、車で来園した親子2組、自転車で来園した親子1組の計4組の親子が参加してくれました。
いつも通りギターで歌をうたったり、じゃんけん列車をしました。じゃんけん列車は途中で脱線してしまったので、フープを出して電車ごっこに変わりました。そのまま魚釣りごっこで遊んだあと、今日は自然保育をしました。
自然保育だからといって外に出なくても大丈夫。部屋の中で楽しみました。
花や葉っぱで色をつけて、とーっても素敵な作品ができていました。
大人の目はじゅうぶんあったので、お母さん達には焼きペンで名前を焼いてもらい、これまた素敵なフレームもできていました。
少ない人数でしたのでゆったりと過ごせましたが、時間はあっという間に過ぎてしまった印象です。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

さぁ、来週は森へ行きましょう。
バス利用をご希望の方はまだ数名大丈夫ですので早めのお申し込みをお願いいたします。
詳しくはホームページをご覧ください。
よろしくお願いいたします。(ま)




2019年5月21日火曜日

本日のつくし組は青梅幼稚園でおこないます

おはようございます。
今日のつくし組は青梅幼稚園でおこないます。
かなりの降雨量が予想されております。
ご来園の際にはお気をつけていらしてください。

お部屋の中で自然保育をしようと思っています。
花びらや葉を使って色塗りをし、小枝で額を作ってお部屋に飾れるようなものを作る予定です。

どうぞご無理のないようにしてください。
ご来園可能な方はお待ちしております。(ま)


2019年5月14日火曜日

2019年度 第2回つくし組 みんなともだち “新聞紙であそぼう~魚さん~”

 今日は2019年度 2回目のつくし組がありました。
朝から雨が降ったり 止んだりと はっきりしないお天気の中 9組の親子が遊びに来てくれました。

最初は ピアノに合わせて お母さんと一緒に お散歩したり ちょうちょになったり。お部屋の中を動き回っていると 周りに置いてある  おもちゃが目に入り  時々寄り道。
しばらくすると 先生が新聞紙を取り出して 穴を開けたり破いたり。これは おもしろそう!と  子ども達はビリビリ破いたり  破いた新聞紙を散らしてみたりと  みんな にこにこ顔で遊んでいました。
次に先生が取り出したのは紙袋。その中に新聞紙を半分ぐらい詰めて 袋の真ん中あたりをギュッとねじると “お魚”のできあがり!
そのお魚に 目をつけたり ヒレをつけたり。こども達もお母さん達も 夢中になって おしゃれなお魚に変身させていまいた。

どのお子さんも 自分の手で作った お魚さんは 特別だったのでしょう。
嬉しそうに持って遊んでいました。
おもしろそう! 楽しそう!って感じたら 子ども達は自分から遊びだします。
思わず 遊びたくなってしまう、そんな遊びを いっぱい用意したいなぁと思います。

今日は 園長が他の仕事で どうしても つくし組に参加できず「 申し訳ありません、そして とっても残念です」
、とのことでした。
次回 若草公園でお会いするのを 楽しみにしているそうです!

あまがさす(成木)森へ遊びに行く バス利用を希望される方は お早めに どうぞ。
初めてつくし組さんと一緒に遊んで楽しかったです。また ご一緒できるのを楽しみにしています。   
                                                      (わ)
       




2019年5月13日月曜日

花の日

今日は「花の日」でした。
「花の日」って何の日?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
起源は19世紀アメリカの教会で「こどもの日」として花を飾りこども中心の特別な礼拝をもったことにあるとされています。そのねらいは「奉仕」と「感謝」です。日本の各教会においても(6月第2日曜日が一般的です)教会行事として各施設へ花束を持って訪問するなどをおこなっていると思います。
 青梅幼稚園では5月が一番花の多い季節であることからこの時期に「花の日」をおこなっています。 伊東接骨院、河辺駅前派出所、河辺デイサービスセンター若草、青梅警察署、信愛荘(引退牧師の老人ホーム)、北島歯科、幼稚園隣接の畑のおじさん、のところへこども達は花束とカードを持って行きました。訪問した先々でこども讃美歌「花のように」を歌い、皆様から温かく迎えていただきました。
 年長さん達と伺ったデイサービスセンターではカードをおじいちゃんおばあちゃん達お一人おひとりにお渡しし、握手をしましたが、その時に数名の方は涙を流しながら「かわいいねぇ」と喜んでくださいました。これはこども だからこそできる業ですよね。「花のように」の讃美歌が心にしみる瞬間でした。

「花のように」

はなのように あかるく あかるく いちにち
みめぐみ ほめうたう こども こども 主のこども

はなのように やさしく やさしく たえせず
みんなを なぐさめる こども こども 主のこども

はなのように ひかりをあおいで いつでも
ひかりのなかにすむ こども こども 主のこども

今年もこども達はそれぞれの場所において、人々を明るくしてきました。これこそこども達の最大の「奉仕」だと思います。こども達の存在そのものがこれからもずっと明るいものでありますようにお祈りしています。

花束のご協力もありがとうございました。とてもきれいな花束を届けることができました。感謝いたします。(ま)











2019年5月10日金曜日

2019年度 春の親子遠足

今日は親子遠足に河辺下の河原へ出かけました。
毎年この行事の日は天気が良く、緑と青空の下、楽しく過ごせているのですが、今年も例外にもれず気持ちよく過ごすことができました。

それにしても青梅という地域は本当に自然が豊かです。川と山を間近にしながら親子一緒に遊んでいると、ただただ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

今日の一日でまた親睦が深めることができました。
残念ながらお休みだったお友達のことも覚えつつ、また来週からの日々を子供たちの成長を楽しみながら過ごしてまいりましょう。(ま)