2019年4月24日水曜日

4月生れのお誕生会

今日は4月生れのお誕生会がありました。
大きくなったらファントミラージュになりたい女の子がみんなからお祝いしてもらいました。
お母さんからは名前の由来をお聞きいたしました。
「みんなから愛されるように」
お父さんとお母さんの深い愛情を感じました。

さて、今年から「お母さん達が考えてお母さん達が出し物をする」スタイルから「幼稚園の先生たちが企画をしてお母さん達とこども達と楽しい時間を過ごす」、というスタイルに変化しています。今回は大型絵本「大きなかぶ」を読んでいただきました。
みんなよーく聞いていましたね。
おたんじょうび おめでとう!

2019年4月23日火曜日

2019年度 第一回つくし組「はじめまして ようちえん」

今日は2019年度1回目のつくし組がありました。
16組の親子が集って楽しいひと時を持つことができました。

歌あそびや、スカーフを使ってのあそびの後、つくし組の説明を簡単にさせていただきました。そして自由遊びの時間を持ちました。
大切なこども達の成長をみんなで温かく楽しく見守っていきたいと思います。

初めて青梅幼稚園に来たお友達もいました。初めての場所、初めて会う人…不安に感じた子もいたのではないでしょうか。
お部屋に入ってみて、園庭で遊んでみて、こひつじのお部屋で遊んでみて、畑で水やりをしてみて…慣れるのにさほど時間はかからなかったように見えましたが、いかがでしたでしょうか。

私たちはこども達の行動の一つひとつを認めてあげたいと思っています。
「これしちゃだめ」「あれしちゃだめ」とあまり言わないように気を付けています。
なぜなら、こどもは、自分のできる小さなことを周りの人たちが喜んでくれる時、「自分にも何かができる」と思うようになると思うからです。
自分で始めた小さな行為に価値を認めてあげることはその子に自信をを与え、「やってみよう!」という気持ちを芽生えさせると思います。
ですから、焦りは禁物。ゆっくりとこども達の思いを受け止めながら、つくし組を進めていきたいと思います。
帰りの門であいさつした時はみんな笑顔でしたね。とても嬉しく思いました。
みなさんの子育てが楽しくなれるような企画を今年も考えております。
どうぞ、一年間よろしくお願いいたします。

次回は5月14日(火)青梅幼稚園でおこないます。
みなさんのご参加お待ちしております。(ま)





2019年度 第1回目 おはなし おはなし

昨日は今年度1回目の絵本の読み聞かせ、「おはなしおはなし」がありました。

内容は…

1.はじまりのうた
2.語り「とりのみじい」:日本昔話百選
3.絵本「はい たっち」
            「ももんちゃん し~」
4.手あそび 「ずくぼんじょ」
5.絵本「なくのは だ~れ」
6.紙芝居「ひよこのぴぴい」
7.絵本「ハンカチ ひらりん」

でした。
こひつじのお部屋も新しくなりました。温かな雰囲気の中で絵本の世界にふれられることに感謝です。

次回は5月20日(月)です。
皆様、是非ご参加ください。

2019年4月10日水曜日

2019年度 入園式

今日から新年度のスタートです。
青梅幼稚園では進級式・入園式がありました。

 季節外れの大雪が今日のこの日を私たちの記憶の中に印象付けてくれることでしょう。
寒い朝となりましたが、みんな元気に登園してくれました。新しいバッヂを付ける時の表情は本当にうれしそうな顔をしていたようです。みんな大きくなったね。そんなこども達の様子を見て私たちも嬉しく思いました。今日は3名のお友達がお休みでした。早く会えることを楽しみに待っています。

 進級する、入園する、またはお誕生日を迎える…こどもが大きくなると「〇〇ができるようにならなきゃね」などとついつい大人は言ってしまいがちだと思います。実際私も自分のこども達にそう言ったことがあります。「もうそろそろ自分でできるようにならなくちゃ」とか。
けれども、今になってようやく気付くのです。それは私の枠でこどもを測っていただけのことだったということを。
こども達はそこにいるだけで素晴らしいのです。今日を生きたということがどんなに素晴らいことか。本当にそう思うのです。見るもの聞くもの、大人とこどもは感じ方が違いますから大人の枠にはめ込んでいくのではなく、こども達の感じるままを受け止め、みんなと一緒に生活をする中から可能性を広げていってあげたいと思います。
 この変化の時、こどもは状況が変わると不安や危機感を持つこともあります。大切なのはそれに大人が気づいてあげること。心を向けてあげること。そうすると、それは危機ではなく成長の時となっていくのではないでしょうか。「愛されている」ことを知ることは成長につながると、私は信じています。

この一年間もこども達の成長をご家庭と連携し、支えていくことができますように。そして楽しく過ごしていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。(ま)