2019年2月8日金曜日

2018年度 自然保育「木育」あそび

今日は木育の日!

感動の一日でした。

青梅市の成木から木を一本伐りだしてきて、その木を使って遊んだのですが、感動の連続
でした。
自然保育の専門家ケロちゃんと木の専門家、林業の中島さんと一緒に今日のプログラムを企画し、おこないました。
まず、木を一本丸々そのままでは持ってこられないので、中島さんにいくつかに伐り分けてトラックで持ってきてもらいました。



そしてそれを森にあった形と同じく再現してみようということで木の組み立てパズルが始まりました。

こども達が自分たちで「次はこれだ、いや、これだ」という具合にどんどん並べていってついに…



一本の木がその全貌を現しました。長い!中島さんが「これ何メートルくらいあるかわかる?」と聞くと「わかんない!」と全力で答えるこども達。「じゃぁ、はかってみようか」とケロちゃん。でもただメジャーなどではかるのではなく…



寝っ転がって測りました。20人のお友達が並んだので大体20メートルくらい。この距離感はなかなか体感できるものではないそうです。中島さんが言っていましたが、木を倒すとき、その長さがわからず、下敷きになってしまう事故は結構あるそうなんです。


そしてこの後は、年長さんは木のベンチ作りを中島さんと、年中・年少・満三歳児のお友達は木の皮を剥ぐことから始めて自由に遊びを展開していました。







今日、使わせてもらった木は昨日伐ったそうです。だから、まだ水分をたくさん含んでいて重たかったと思います。その重さをこども達はしっかり体で感じたと思います。木を並べる時、枝葉は太陽を求めて上へ伸びていることに気付いた子達がいました。木は物ではなく生き物なんだと感じた子もいたかもしれません。
そして幼稚園にやって来た木を使って「遊びたい」「やってみたい」気持ちがどんどんこども達から湧き出てたことは感動的でした。ケロちゃんによく言ってもらえる「放っておいても遊べる」こども達の遊べる力が十分発揮されていたと思います。
「教材」として作られていない自然物をこども達の教材とすることはこどもの個性を観察するには適切であり、何より優劣を決めるような評価にはつながることのない、受容されているような安心感があると思いました。
山と市街地の同居した青梅だからこそ、自然と共に歩む保育をこれからも継続していきたいと思います。
「みんなに遊んでもらって木も喜んでいると思います」中島さんの言葉が印象的でした。
ケロちゃん、中島さん、来年度もよろしくお願いいたします!
今日はどうもありがとうございました。(ま)






3 件のコメント:

  1. 1本をパズルにするなんてなかなかの感動作ですね(^^)
    身体で計る事で子供達もとっても分かりやすそう♪
    とっても素敵な内容だと思います(^-^)
    なので、なかなか幼稚園来る機会のないお父さん達の為に成木の森に行くのではなく、この内容をお父さんと一緒に経験させてあげてほしいです!!
    狭い園庭で何をして遊んでるの?お友達とどんな風に遊んでるの?どんな保育をしてるの?と思っています。
    是非ともこの”自然保育”というものが園外で遊ぶ事だけではないという事をお父さん達にも見せてあげて下さい♪

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。

    お父さん達にも幼稚園でのこども達の様子を理解していただくことはとても大切なことだと思います。
    幼稚園に来る機会がなかなか取れないお父さん達と幼稚園との接点をどのように作っていくかは考えるべき内容ですよね。検討していきたいと思います。
    ただ、その課題と「木育」とは必ずしも一緒の問題ではないと考えております。

    自然保育は「中(室内)の物を外(自然)に外の物を中に」 というテーマを持っています。保育の幅が広がりこども達の体験する内容にも「不思議!」「きれい!」などの感覚「センス・オブ・ワンダー」を育てることにつながりるからです。その自然保育の中の「木育活動」について少し述べさせていただきます。

    あくまでも重要なのはこども達の育ちですから、幼稚園の中でできるベストなこと、自然の中でできるベストなことを考えなくてはなりません。
    青梅の林業に関わる問題などは間伐体験等を通して私たち大人が知るべき問題なのだと思います。こども達としては「あの遊んだ森の木がベンチになったり遊ぶ道具になったり燃料になったり」というように木が身近なものに使われるというリアルな体験が大切だと思います。その体験が大人になって環境問題やその周辺の諸問題に対して、そして何より自分の故郷を大切にしようという気持ちにつながると考えるからです。

    こども達の理解は自分の体験をもとに理解しますから、実際に森に行くことは自然保育 特に木育という視点から重要だと考えております。

    私たちはこのように考えております。
    ご理解いただけたら幸いに思います。

    疑問点などがございましたら、遠慮なくお問い合わせください。
    よろしくお願いいたします。

    返信削除
  3. 大変丁寧なお返事をして頂きありがとうございます。
    自然保育が出来るのも森が近くにある環境ならではですよね♪
    若草公園という広々とした公園も近いですし♪♪
    どこにでも自然に触れられる青梅って、素敵ですよね♪♪♪
    自然の物を中に取り入れる際には、お父さん達との幼稚園での交流の検討が出来るといいですね(^^)
    ありがとうございました。

    返信削除