2018年12月25日火曜日

2018年12月25日 クリスマスを迎えて

クリスマスおめでとうございます。

 今年のクリスマスは皆さんどのようにお過ごしになられましたでしょうか。各ご家庭の上に神様の豊かな祝福がありますようにお祈りいたします。

私は昨晩、ある教会のクリスマスイヴ礼拝に参加してきました。今年は音楽礼拝として構成されており(私もギターで参加)オルガン、グラスハープ、ピアノ、ギター、独唱、とクリスマスキャロルを会衆の皆さんと共にいたしました。また、昨晩は特別に山北宣久牧師のお話を聞くことができました。山北牧師は日本基督教団総会議長、青山学院院長を歴任された先生でユーモアに富んだ そして深みのあるお話でした。

・イエス・キリストは人に仕えるために馬小屋で生まれた。
・人間の行動は「欲」「得」「楽」が基準になる。この基準にこだわり、執着する時に人は自己中心となり、他者との関係を破壊していく。その先にあるのは孤独。
・地位や名誉は大きいものではあるが、本当に幸せを感じる瞬間は「あなたがいてくれたから」と言われた小さなこと。イエス・キリストはベツレヘムの馬小屋で生まれた小さな存在だったが、今や世界中でそのお誕生が祝われている。小さなものは大きなものへとなる。

私が印象に残ったのは以上の部分でした。
クリスマスは華やかで、楽しくて、それはそれで良いことだと思います。けれど、このクリスマスの時期に、人に仕えること、特に私たち保育者は「こどもに仕えること」の意味をもう一度考えたいと思いました。そして私たち大人が新しくされる、このことはとても大切だと感じます。

どうか、みなさんの心の中に温かでやわらかい藁をしいてクリスマスを迎え入れることができますように。そして、互いに愛し合える私たちでありますように。

メリークリスマス。(ま)




2018年12月14日金曜日

2018クリスマス礼拝・祝会

今日は青梅幼稚園でクリスマス礼拝・祝会がありました。

礼拝の冒頭はキャンドルサービス。
年長さんが厳かに舞台の上で会場を照らす光。その灯りを見つめながら始まりました。

いつもと違う雰囲気は時として戸惑いや不安を誘発させて、こども達は落ち着かなくなることがあります。けれども今日は今までのクリスマスの取り組みの中でも一番落ち着いていたと思います。ろうそくの光を見つめ、讃美歌を歌うこども達の顔は天使そのものでした。

今年は日程的な関係で練習と呼ばれるようなものは本当に回数が少なかったと思います。けれどもこども達の堂々たる姿は見事でした。先生に言われてできることは限られています。自分からやろうとする気持ち、自分たちで何とかしようとすると、こんなにも生き生きと人に伝わるように表現できるのか!と感動しました。

幼稚園での日常も、今日のような行事も、同じ生活空間の中でおこなうもの。行事の中から日常の様子が透けて見えないと私は不自然に感じます。その場合、行事のための日常になってしまっていることが多いと思うからです。普段のままの姿こそが生き生きとした姿であるべきですよね。もちろん、舞台裏でハプニングは今回もたくさんあったそうです。けれども、落ち着いて対処できていたようです。日常そのままに。

クリスマス物語が持つメッセージ。一つひとつの意味が今はわからなくても、この物語
に将来、必ず一回は出会うと思います。その時に思い出してほしいのです。「あの時、楽しかったな。幸せだったな。」って。
「目はついているだけじゃ見えない。光がないと見えないんだよ。」ある先生の言葉を思い出します。
今日のこの日がこども達の光となりますように。
幸せな思い出として残りますように、心からお祈りしています。

メリークリスマス。(ま)









2018年12月4日火曜日

第19回つくし組 チャレンジワーク クリスマス

今日は驚くような暖かさでしたね。

年内最後の未就園児クラスつくし組は暖かで穏やかな中、おこなわれました。

12月のつくし組は毎年恒例の秋生先生によるフラワーアレンジメント。
今年は千日紅と木の実やハーブを使って作りました。みなさん、とっても可愛らしく作られていました。是非、お家に飾ってくださいね。
こども達も、だいぶ幼稚園に慣れてきた様子がみえて嬉しかったです。
ままごとコーナーでお料理をしては私に食べさせるくり返しの中、どんどん表情が和らいで笑顔がたくさん見えました。
最後は園庭でさよならをしましたが、一緒に遊んでいた3歳児~4歳児と馴染んでいましたね。みんな大きくなったんだなぁ、としみじみしてしまいました。

来年は1月15日からです。
みなさんとまたお会いできるのを楽しみにしております。

よいお年を!(ま)





2018年12月3日月曜日

12月生れの誕生日会

今日は12月生れの誕生会がありました。
なんと今月は1人のお友達。
大きくなったら、絵描きさんになりたいのではないかな?
絵本を読むのも好きだし、なにより最近はよく笑って活動的な男の子です。
お誕生日おめでとう!

生まれてきた時の様子は、お母さんは少し記憶が明白ではないようですが、お父さんが笑って抱っこしていたことは覚えているそうです。家族って素敵だな、と思いました。一人じゃ生きていけない人間だからこそ、こどもと初めて出会った時のことを思い出すって大切だな、としみじみしてしまいました。子宝。本当にそう思います。

さて、今日のお母さんの出し物は紙芝居を読んでくれました。
クリスマスにちなんだお話でしたね。


ご協力ありがとうございました。(ま)