2018年11月22日木曜日

2018年度 卒園生の日

今日は卒園生の日。18名の小学生が来てくれました。

普段は違う学校へ行っているはずなのに、よそよそしさもほぼ感じられず、たくさん遊べていました。まぁ、よく遊ぶこと。朝の自由遊びの後はクリスマスリースを作りました。
テーマは「自由」。
とにかく、自分の作りたいように作ってもらいました。

そして私はそれをひたすら「素晴らしい出来栄え!」と感嘆の声をあげることに集中しました。実際、どの作品も面白いものばかりでわざとらしく褒める必要もなかったのですが。
でも、そこに「卒園生の日」の意義があるように感じます。
こども達のルーツ、基礎となる幼稚園で厳しいこと言われて、何か否定されるようなことがあったとしたら、それはショックですよね。
今回の「卒園生の日」も笑いが止まらなくなるような時間を過ごすことができました。クリスマスリースは一人一つ作る予定でしたが、気づくと2つも3つも作っている子が多くいました。楽しんでもらえたかな、とホッとすると同時にこれが日々の生活を送るうえで力になってほしいと願いました。
「卒園生の日」、これからも続けますので、あそびに来てくださいね。
みんな がんばれ!(ま)


※上履きの忘れ物がありました。幼稚園にありますので取りに来てくださいね。






2 件のコメント:

  1. たくさん楽しかった場所にまた行ける♪仲の良かったお友達に逢える♪そしてまた、楽しかった日の記憶が残る
    いいですよねぇ♪

    でも、なかなか振替休日が合わなくて残念です(TT)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      できるだけ多くの卒園生に参加してもらいたいと考えておりますが、現段階の精一杯というのが現状です。ただ、継続していくことで何か良い方法が見つかるかもしれません。最善を尽くしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

      削除