2018年7月26日木曜日

オリエンテーリングを変更して幼稚園でプール遊び・水遊び

今日は過ごしやすい気温でしたね。
今回のオリエンテーリングを変更するという判断は難しいものがありました。普通の状態でしたら間違いなく実行していたコンディションだったと思います。結果、暑さ指数は厳重警戒域にも達しない警戒域まででした。しかし、連日の猛暑、日本各地で起こる熱中症による被害、さらには国からの通達や昨日まで年長児はお泊り保育をしていた状況などを総合的に判断して、オリエンテーリングを幼稚園でプール遊び・水遊びに変更しました。

こうした判断が正しいとか正しくないとか、その事よりも「暑さ」というもの、「行事そのもの」に対してこどもの成長という視点から、この期間私たちが真剣に考える機会を与えられたということに意義があったと思っています。

今日のこども達もきらきら輝いていて躍動感にあふれていました。けれども、このいのちの美しさは危うさも同時に持っているということを忘れてはいけません。

隣がそうしているから、皆にそう言われたから、ではなく(もちろん判断材料として聞くということは大切にしていきます)私たちの考えをしっかりと持って自己決定ができることの重要性を改めて感じました。それがいのちを預かる保育者の責任なのだと思います。


これからも一人ひとりの様子に心を砕いて、こども達の成長を見守っていきたいと思います。明日で1学期は終了です。こども達一人ひとり全員に、神様の豊かな祝福がありますようにお祈りしています。(ま)

在園生保護者の方へ 本日予定のオリエンテーリングについて

おはようございます。
本日予定していたオリエンテーリングは青梅幼稚園でのプール・水遊びに変更します。

環境省による本日の暑さ指数は厳重警戒の予報で、危険域に達しない見込みですが、国からの通達で気温が上がらなくても湿度など他の要因で熱中症になる可能性があるので十分注意せよと届いております。楽しみにしていたこども達もいると思いますので、とても残念ですが総合的に判断して上記のように変更とします。ご了承ください。

なお、本日については

・登園時間  9:45〜10:00
・持ち物    
かばん、出席ノート、水着セット、タオル、水筒、上靴、弁当、おやつ少々、シート

・降園時間  13:30

となっております。よろしくお願いいたします。

2018.7.26 青梅幼稚園

2018年7月25日水曜日

2018年度 お泊り保育

7月24日、25日は年長さんのお泊り保育がありました。
家族から離れることに不安を持つことは大なり小なりどの子にもあると思います。
不安は大きく分けると「食べること」「寝ること」に関してだと思います。
「そんなこと気にしないで、大丈夫大丈夫」と声をかけることもあろうかと思いますが、時と場合によってはこどもの不安な気持ちと向き合っていないことにつながりかねません。
そんな時、担任は不安な気持ちを理解してあげて、他のお友達とも共有し、不安な気持ちを少しずつ解消していくことが必須となってきます。これが柔軟にできるのは少人数ならではの強み。今年もその部分はうまくいったと思います。
「ぼくのことをわかってくれてる」この関係性ができると「食べること」のように感覚的に大きな刺激を伴うものに対しても挑戦してみようとする意欲が出てきます。「こどもは大人が理解した分だけ育つ」本当にその通りだなぁ、とつくづく思いました。

昨年と同様に寝る前にはこども讃美歌「小さい子供がねむるとき」を歌いました。

ちいさいこどもが ねむるとき かわいいほしは めをさます
ほしがおめめをさましたら てんのつかいよ きてください

ちいさいこどもが ねむるとき かわいいほしはめをとざす
ほしがおめめをとざしても てんのつかいよ いてください

こども達がねむりにつくとき、「ひとりぼっち」を感じることのないように天使に「ここにいて」とたのむこども讃美歌を聞きながら、この子たちのこれからの人生の中で青梅幼稚園がいつも味方になれる存在でありたいと思いました。

お泊り保育をつうじて、こども同士、先生とこども達の信頼関係は強化されたように思います。小さな動作や言葉の端々に感じることができました。これからの幼稚園生活がますます豊かなものへつながるようにと願います。保護者の方々にもたくさんのご協力をいただきました。心より感謝申し上げます。(ま)



2018年7月20日金曜日

7月生れのお誕生会

猛暑が続きますね。本当に暑いです。
生活のリズムに気をつけながら、毎日を充実したものとしていきたいですね。

今日は7月生れのお誕生会がありました。
大きくなったらポケモンマスターになりたい男の子とドーナツ屋さんになりたい女の子がみんなからお祝いしてもらいました。

お母さん達から生まれたときの様子を聞きました。小さかった赤ちゃんが天国から手には何も持たずに裸のままやってきて、やがて自分の意思を持って歩きだし、いろんなことに挑戦して泣いたり笑ったりしながら大きくなってここにいるんだなぁ…としみじみ思いました。これからもどんどん大きくなってね。

お母さん達の出し物は「わたしはだれでしょう クイズ」でした。
出題者の堂々たる立ち振る舞いと、正解の絵の素晴らしさ。
とてもバランスの良いコンビでした。
楽しい時間をありがとうございました。(ま)


2018年7月10日火曜日

第9回つくし組「プールで水あそび」

暑い日が続きますね。
今日はつくし組でプール遊びをしました。大きなプールや小さなプール、それぞれにあった場所で遊んでいました。
私も一緒に水の中に入りましたが、中に入ると景色が違います。水しぶきがリアルに迫ってくる、そんな感じで楽しかったです。

つくし組も1学期は今回でおしまい。次回は2学期に入ってから9月11日(火)です。
2カ月もみんなと会えないのは寂しく思います。写真などでみんなの笑顔を見るたびにまた一緒に遊びたいなぁと思ってしまいますが、どうぞ元気に夏をお過ごしください。そして一回りも二回りも大きくなった姿で2学期にお会いしましょう!
楽しみにしています!(ま)


2018年7月5日木曜日

小作駅 七夕飾り

昨日午後から小作駅にて七夕飾りが飾られています。もちろん青梅幼稚園のみんなで作ったものも飾られています。天候にもよりますが、立ち寄れる方は是非ご覧になってください。みんなの願いがかなえられますように!(ま)


2018年7月3日火曜日

第8回つくし組「七夕飾りと水あそび」

暑い日が続きますねぇ。
今日のつくし組は水遊びをしました。
霧吹きや穴の開いたペットボトル、スポンジや泡のプール、水に浮くおもちゃなどを用意したところ、みんなよく遊んでくれました。遊びの時間は約1時間、普段は水が顔にかかるのを嫌がる子もみんなと一緒に遊んでいるとそんなこと忘れてしまうのか、顔にかかったからといって泣いてしまう子はいなかったように思います。楽しく遊ぶうちにいつの間にか顔に水がかかることも平気になっていく…このような関わり方を私はお勧めしたいと思います。何かを克服するかのような特訓をおこなったとしても乳幼児期には期待する効果は望めないと思います。それよりも楽しいと子どもが自ら動こうとするその先に何かができるようになってくるのだと思います。「自発的に」動こうとする心を大切にしてあげてください。
みんなの願いごとを書いた短冊も作りました。明日(7/4)から土曜日(7/7)まで小作駅前に飾られていますので、もし機会がありましたら見に行ってみてください。

さぁ、来週はプールに入ってみようかと思います。小さいプールも出しますのでご無理のないようにどちらでも遊んでいってもらえれば嬉しいと思っています。
暑いと一日中冷房をつけてしまうこともあるかもしれません。熱中症対策などと聞くとなおさらですよね。けれども暑さに負けない体づくりのためには汗をかくことが不可欠です。汗をかくことによって体温を自らの力で下げて調節することができます。けれども、そのままにしておくとあせもになってしまいます(汗腺の数はこどもも大人も変わらない)。なので、水遊びは汗をかいても水で流すことができる今の時期に適した遊びということが言えるのだと思います。
楽しく水あそびをして暑い夏を過ごしていきましょう。(ま)