2018年1月30日火曜日

第21回つくし組「自然とあそぼう」

今日は冬の公園を楽しもうということで、つくし組のお友達と若草公園で遊んできました。

絵具、タイヤ、シャボン玉を用意し、自由に遊びました。
身体を動かしていないと風が冷たく、早めに自由遊びに移行しました。
しばらく遊んでいると、いろんなことに気づくことがありました。さっきまでは冷たいとしか思っていなかった風がシャボン玉を飛ばすのにちょうど良い強さで吹いていたこと。最初は怖がっていたタイヤそりも何回か遊んでいるうちに楽しく遊べるようになっていること。小さい滑り台かジャンプ台を作っていたつもりが何にもならず失敗かなと放置していたら知らぬ間にこども達が自然物を使ったオブジェをつくっていたこと。

自然の中で遊ぶことの豊かさを改めて感じることができました。
参加してくださった親子の皆様、ありがとうございました。

次回は2月6日(火)「つくってあそぼう」~紙コップとストローでふーっとコップ~です。青梅幼稚園でおこないます。
たくさんのご参加お待ちしております。(ま)









2018年1月29日月曜日

1月生まれの誕生会

今日は少し寒さが和らいで、ホッとしました。
インフルエンザでお休みだった子も回復し、元気になってくれてよかった、と、こちらもホッとしました。

そんな今日は1月生まれのお誕生会。
大きくなったらケーキ屋さんになりたい男の子と、大きくなったら同じくケーキ屋さんになりたい女の子の2人がみんなからお祝いしてもらいました。

お母さん達の出し物は、間違い探しクイズでした。
「わかる人ー」
「はいはいはいはい!」
まぁ、みんな答えたい気持ちでいっぱい!
答えが合ってる合ってないなんて関係ないんですね。
とにかく答えたい。(もちろん、答えのわかっている年長、年中さん達がほとんどなのですが中には答えたいという気持ちのみの子もいたような気がします)「はいはいはいはぁい!はぁぁぁい!きゃー!」と大騒ぎでした。

小学校・中学校の授業参観では絶対見られないような光景ではないでしょうか。間違いを恐れないというか…。

ある大学の先生が言っていた言葉を思い出しました。
「いいか。間違いを直しちゃいけないよ。間違いは大人が直さない。こどもが自分で気づくもんだから。」

こども達が今持っているキラキラ光るもの。失くしてほしくないと思いました。
そんまま、どんどん大きくなってね。
お誕生日おめでとう!(ま)



2018年1月23日火曜日

雪の日あそび

昨日はすごい雪でしたね。
「電車動くかな?」
「保育参加はどうしよう…」
「けがや事故に遭っていないかな…」

などなど、大人はいろいろとマイナスなことを考えがちですが、こども達はとにもかくにも雪が大好きですよね。雪遊びはいつの時代もこども達にとって楽しいものなのでしょう。

雪の降った後、辺り一面まっ白でした。赤い屋根も黒い屋根も、いつも見える風景のいろんな色が全て白になりました。はっとするような美しさを感じると同時に、頭の中のあれやこれやの煩わしさも、一旦全部まっ白になった気がしました。

雪の白さに感動し、触ってみたら透明の氷だったりして。大きなお皿のような氷の塊を見つけて歩いて手が滑って落っことして…。雪玉をぶつけられて服の中に入って一瞬キーンと冷たさが全身を走るけど、やり返したりしているうちに身体はポカポカ温かくなって、冷たさを忘れてしまっていたり…。

今日は自由登園にしましたので、雪のために幼稚園に来れなかったお友達もいました。でも、みんなそれぞれに楽しい時を過ごしたのではないでしょうか。
明日、みんなと会えるのを楽しみにしています。(ま)



 


今日の雪かきMVP!




2018年1月16日火曜日

第20回つくし組

今日は今年初めてのつくし組。
約1か月間で、みんな大きくなっていました。
今年も健やかにこども達が成長していけますように、とお祈り申し上げます。

今日はギターで歌って、はてなボックスでモノ当てクイズをして、ゴムの輪で遊んだ後、新聞紙やリボン、様々なものを使って、パクパク動かしたり、かぶったり、楽しみながら作りました。

つくし組って穏やかです。この時期、場所に慣れてきたのもあるかもしれませんが、こども達の表情が柔らかく感じます。お母さん達の笑顔も素敵でした。

つくし組が終わって門を開けようと園庭に出ると、気温も暖かで青空が美しく感じました。

さぁ、次回は1月30日(火)若草公園でおこないます。雨だったら幼稚園でおこないますが、雪だったら公園で遊ぼうと思っています。みなさん、インフルエンザが流行っていますので、手洗いうがいをよくして、また元気にお会いできますように!(ま)



2018年1月9日火曜日

2018年 3学期のスタート

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今日から3学期のスートです。
冬休みを経由して久々の登園となった今朝、「実は家を出る時、ぐずぐず言ったり…」「めんどうくさい」と言ったり…そんな声もちらほら聞こえましたが、いざ遊びが始まってみると、みんないい顔をしていました。目が輝くとはこのことか!と思えるほど。そして、今日からこりす組(満三歳児クラス)に新しく入ったお友達に対しても、当たり前のように受け入れることのできる雰囲気をこども達の中から感じることができました。
 こども達に驚かされることのなんと多いことか!なにより、その目の清らかさ、その心の美しさ。こども達と出会えたことを心から感謝したくなりました。
始業式ではこども達に「夢」についてお話させていただきました。一人ひとりに清らかな思いがあり、清らかな願いを持ち、清らかな夢を見るように、と。
どんな社会になっていくか不明瞭な今の時代だからこそ、こども達には清らかな夢を、希望を、持って生きていってほしいと思いました。(ま)