2017年12月18日月曜日

2017年 2学期終業式

今日で2学期も終了です。
いろんなことがあった2学期だったと思います。
大人にとってはあっという間でも、こどもにとっては初めての取り組みも多かったと思うので、「あっという間」ではなかったと思います。

先日のクリスマスでの素晴らしい舞台を終え、今日はみんな清々しい表情をしていたように思えます。「自分のできることを精いっぱいやった」ことへの充実感とでもいいましょうか。

自分のできることとは即ち個性だと思うのです。誰かに言われてやるんじゃない、自分でやろうと思ったこと。こども達は大人に比べて経験値が少ないですから、やろうと思っても、自信を持てないことが多いと思います。そこを乗り越えていく強さは自分自身を認めることができるからこそ、なし得ることではないでしょうか。

信じる心  強い心  待つ心  喜ぶ心  これらが調和した美しい心を私たちが持つことができますように。そしてこども達には平和で争いのない美しい未来がありますように。切に切にお祈りいたします。来年も元気に会いましょう。良いお年を。(ま)


0 件のコメント:

コメントを投稿