2017年9月28日木曜日

9月生まれの誕生会

今月はりす組さん(3歳児クラス)から3人のお友達がみんなからお祝いしてもらいました。
大きくなったら「パパ(みたいな素敵な人)」になりたい男の子、仮面ライダービルドになりたい男の子と仮面ライダービルドになりたい男の子でした。

3人とも とろけてしまいそうなかわいらしさでインタビューを受けていました。

さぁ、今回のお母さんたちの出し物は
「読み聞かせ 『ももたろう』」でした。

優しい語り口でゆっくりとお話に入っていき、桃が流れて、赤ちゃんが出てきてすくすくと大きくなって…そこまでは穏やかな読み聞かせでした。
しかし…きび団子をあげるくだりにさしかかると…

「さぁ、みんなで桃太郎の歌を歌おう!」とエレキギターを抱えた母が現れ、
♪もーもたろーさーん♪と、ももたろーライブ!
さらに鬼退治をした後は
♪We are the champion♫とクィーンを歌い、最後に安室奈美恵の♫Can you celebrate♬で締め!

静と動のコントラスト、メリハリ、ギターの絶妙なペケペケ感、どれをとっても一級品でした。まさに新しい誕生会のジャンルを開拓したといっていいと思います。
「コミック読み聞かせバンド」また聞きたいです。

楽しい会をありがとうございました。(ま)







2017年9月26日火曜日

第12回つくし組 「小麦粉粘土のパン屋さん」

実は私はパンが大好きです。
ご飯も好きですが、焼き立てのパンのにおいは格別です。

小麦粉粘土は小麦粉(強力粉)と水があればすぐにできてしまいます。そんなに難しくなかったですよね。
パン作りはそこに砂糖、イースト、塩、等をを入れてこねて、発酵させて成形して焼いて…といくつか段階を踏みます。面倒くさい…と思いがちですが、こどもと一緒にするパン作りはその手間のおかげで楽しいものとなります。発酵した時のふわふわした触感、成形の時の粘土遊び、焼きあがる時のにおい(揚げてドーナッツにしてもよし!)その一つひとつにこどもは新鮮な驚きと興味を持ってくれると思います。そんな素敵な家庭での親子の時間の導入に今日の「小麦粉粘土のパン屋さん」がなってくれたらいいなぁ、と思っています。
もし、機会があったらパン作り、お家でやってみてください。

さぁ、次回はいよいよつくし組ミニ運動会。若草公園野球場グラウンドで行いますので、ぜひご参加ください。お待ちしております。(ま)




2017年9月22日金曜日

聖書を読む会

青梅幼稚園では聖書を読む会を毎月1回、おこなっております。
礼拝のお話をそのまま、お母さん達にお話しさせていただいております。

今日は
・わたしはぶどうの木
・少年サムエルのお話
・5つのパンと2匹のさかな
・良きサマリア人

のお話をしました。

「わたしはぶどうの木」

ぶどうの木はどこからが幹でどこからが枝か、あまりはっきりはしていません。けれども、つながっていれば豊かな実をつけることができます。神さまも目には見えません。その声は聞こえません。でもよーく見て、よーく聞いていると、ある時、気づくことがあります。
神さまに守られているって。私のことを大好きでいてくれるって。そのことをいつも忘れないでいられますように。


・「少年サムエルのお話」


祭司エリのところでお手伝いをし、寝泊りをしていたサムエルを夜、呼びかける声がしました。「エリ?ぼくを呼んだ?」「いや、呼ばないよ。早く寝なさい」再び寝に入ると、また「サムエル サムエル」と呼ぶ声が。「エリ?僕を呼んだ?」「いや、呼ばないよ。もしかしたらそれは神様の声かもしれない。次に同じようなことがあったら「はい、私はここにいます。どうぞ、お語り下さい。私は聞いています」と答えるんだぞ」
そして寝に入ると三度同じことが。上の絵はその時の様子が描かれています。神さまの語りかけはよく聞かないと分からないけれども、注意していると、わかることがある。

・5つのパンと2匹の魚


5千人の群衆がイエスの話を聞いていた。しかし、夕暮れとなり、皆空腹となった。
イエスの弟子たちは解散するように提案するが「あなたたちが食べ物を与えなさい」とイエスに言われる。困り果てているところへ一人の少年が5つのパンと2匹の魚を持ってくる。「たったこれっぽっち」と周りの大人たちは思ったかもしれない。しかし、イエスは喜んだ。自分の持っているものを他人のために全部差し出した少年の気持ちを大切に受け取り、皆に配った。すると不思議なことにみんながお腹いっぱいになり余りが出るほどになった。自分のためだけじゃない、他人のことを純粋に思う心が大切。

・良きサマリア人



盗賊に襲われケガを負った人がいる。身分の高い祭司は見て見ぬふりをした。自分も襲われるかもしれないから…。同胞の通りがかった人も見て見ぬふりをして、助けることなく去って行ってしまった。3番目にユダヤ人とは仲たがいしていたサマリア人が通りかかった。彼は手厚く介抱し、助けることができた。助けた人、助けなかった人。その分かれ目となるものは一体何か。それは自分を一番に考えたか、ケガをして困っている人を一番に考えたか、の違い。


こんな話を紙芝居を使ったりしながら、お話しました。
次回は10月31日(火)10:30~11:30です。
お待ちしております。(ま)



2017年9月19日火曜日

第11回つくし組 自然と遊ぼう ~運動会ごっこ~

 台風の前は寒く、台風の後は暑く、ずいぶん極端な気温変化に落ち着かない日々でしたが、今日はちょうど良い気候で過ごしやすかったですね。少しほっとした気分です。そんな中、つくし組のお友達と一緒に若草公園で遊んできました。
歌を歌って、「じゃんけん列車」や「おおきなかぶ」、「パラバルーン」などをして遊び、そのあと、10mほどの「かけっこ」をしました。「いちについて よーい ドン!」  わけもわからず、お母さんと一緒に走っていましたが、こどもの走る姿は目を引かれるものがあります。もちろん順位などは関係ありません。まだ体の運動機能が十分発達していない幼時期に順位を争ってもあまり意味はないと考えております。ただ、「歩く」「走る」姿ははこども達の生きる姿をそのまま見ているような気がするのです。特に日常生活の中でのその姿にこども達の意志を感じるというか…。内面を充実させること、受け入れてあげること、こども達の成長に欠かせないもの…そんなことを思いました。「玉入れ」もちょっと変則的でしたが、楽しくできましたね。箱をもってこども達から逃げている時、ものすごい笑顔で追いかけてくるこども達。そのとき思ったのですが、笑顔で追いかけられるって嬉しいんですね。私自身すごくハッピーな気分でした。

自由遊びも含めて、今日も穏やかなつくし組でした。
木陰に吹く風の涼しさ、空の奇麗な青色、こども達は何かを感じたかなぁ。

さぁ、来週は青梅幼稚園で行います。
小麦粉粘土を作って遊びましょう。
何かの形になったら、ホットプレートで焼いて、パン屋さんごっこもしてみたいと思います。どうぞ、どなたもお気軽に遊びに来てください。(ま)




2017年9月12日火曜日

第10回つくし組 ~クレヨンのさんぽ~

今日はあいにくのお天気でしたが、未就園児クラス つくし組がおこなわれました。14組の親子と楽しく過ごすことができ、心より感謝でした。
私たちのつくし組は0歳から受け入れておりますので、こども達の自発的な行動はオールO.Kで考えています。そんな中、今日はみんなお絵描きに集中していましたね。ちょっと驚きでした。そして、みんな上手にクレヨンを画面いっぱいに走らせていましたね。すごい! けれど、いいんです。デコボコでも。デコボコのまま進んでいく。これがむしろ大切だと思っています。誰一人として無視されず、受け入れられながら活動を進めていくにはデコボコのままでないと。そして、それこそが少人数の強みだと思っています。
来週は晴れたら若草公園で運動会ごっこをする予定です。みなさんのご参加お待ちしております。(ま)




2017年9月5日火曜日

8月生まれの誕生会

今日は8月生まれのお誕生会がありました。
大きくなったら、なりたいものが一杯あって一つには絞り切れない男の子と、歌手になりたい女の子、消防士になりたい男の子、プリキュア(カスタード)になりたい女の子、アイドルになりたい女の子の5人のお友達がみんなからお祝いしてもらいました。
 「生まれる前から神さまに守られてきた友達の」「生まれて今日までみんなから愛されてきた友達の」お誕生日。いつもお誕生会で歌うこども讃美歌ですが、お誕生日って本当に特別なんだな…と改めて思い直すことができました。

さて、お母さんたちの出し物はまず、「ロシア語で歌おう ハッピーバースデイ トゥ ユー」から始まりました。「ハッピーバースデイ」の歌は何回も聞いたことはあるかもしれませんが、ロシア語ではなかなか聞いたことはないと思います。「うん。似てる似てる」と、こども達から謎めいた反応があったのが面白かったです。
そしてお次はマジックショー。
すごく上手に手品を上演できていたので、こども達は本気で不思議がっていました。とても楽しい会をお母さん達、ありがとうございました。(ま)




2017年9月4日月曜日

ロバの音楽座がやってきた!

今日は観劇会がありました。
例年は午前中におこなっておりましたが、今回は午後13:30~14:30の時間に設定いたしました。いつもとは違った試みでしたが、たくさんのお母さん方にも観ていただき良かったと思います。
「ロバの音楽座」。
素晴らしかったです。無駄なものをそぎ落としていって純粋に音を楽しむことを体験できたように思えました。
私どもの幼稚園は少人数ですから、マイクもスピーカーも使用しないで演奏していただきました。空気の振動のみで伝ってくる生の音の心地よさもそうですが、演者が伝えようとする感情がダイレクトに心に響き、感動のある楽しい音楽会となりました。
 父母会の会長とも「ピカピカした派手さだけではないものを」と話していたので、「ロバの音楽座」さんに来ていただくことができて、本当に良かったです。幼稚園でこども達が出会う音楽がロバさん達の音楽ということに今のような時代だからこそ大きな意味を持ってくるような気がいたしました。
また、来てほしいですよね!
「ロバの音楽座」の皆様!
本日は素敵な音楽会をありがとうございました!(ま)



おはなし おはなし

2学期第一回目の「おはなし おはなし」がありました。
今回も「木いちごとゆかいななかま」の皆さんにきていただき、落ち着いた雰囲気の中、語る方の声が心地よく部屋に響いていました。

・てくてくてくてく歩いてきて
・さるのきも(語り)
・ユックのおさんぽ
・あおくんときいろちゃん
・キャベツの中から(手遊び)
・しんかんせんは はやい
・ぞうくんの おおかぜさんぽ


2017年9月1日金曜日

2017年度 2学期が始まりました!

今日は始業式がありました。
長い夏休み、みんな楽しく過ごせたようです。
そして、ひと夏越したこども達の体はぐん!と大きくなっていました。そして顔つきも少し引き締まって見えました。

毎年、毎年、同じことを感じながら2学期を迎えるので、「これは何かの錯覚か?」と、もう一度みんなを見渡してみるけれど、やはり、全員一人残らず大きく見えるのです。

「大きくなる」って嬉しいですよね。
これはみんなに多少の差はあれ、同じように訪れます。確実に大きくなっている、成長している、このことを今日は特に強く思いました。今日から、こども達とまた日々一緒に生活するリズムが戻りますが、その責任の重さと、成長を目の当たりにできる喜びを胸に、この2学期も皆さんと楽しく過ごしていきたいと思っております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。(ま)