2017年5月16日火曜日

2017年度第3回つくし組

今日は今年度3回目のつくし組。
「自然とあそぼう」をテーマにして若草公園で遊ぶ日を今年度から増やしました。
ギターと一緒に歌を歌って、「猛獣狩り」「パラバルーン」でみんなと一緒に楽しんだあとは自由に遊びました。たんぽぽの茎をつかって「くるくる風車」を作ったお友達、たんぽぽを探しにお散歩に出かけたお友達、大きなシャボン玉をひたすら作っていたお友達、ひたすらシャボン玉を追いかけていたお友達、活動は様々でしたが、こども達の「自分でやりたいこと」と重なっていたでしょうか?

私は乳児期から幼児期において「こども達のやりたいこと」「こども達の要求」をできる限り受け入れて聞き入れてあげることが人を信頼する力につながると思っています。時には子どもの要求を聞き入れられない状況もあろうかとは思いますが、こどもの気持ちは受け入れることができるのではないでしょうか。こどもにとって自分が本当に愛され、大切にされていることが実感できるように育ててあげることが非常に重要です。人を信頼できるということは自分を信頼できるということにもつながりますから。

たんぽぽの風車やシャボン玉はきっかけにすぎません。「自然とあそぼう」。変化と多様性を含んだ公園の自然の中でこども達が自らの力で遊ぶことができるように見守ってあげたいと思っています。

来週も若草公園でつくし組です。ぜひ皆さん、あそびに来てください。お待ちしております!(ま)




0 件のコメント:

コメントを投稿