2017年2月6日月曜日

ポニーの日②

今年度2回目、年長さんにとっては最後のポニーの日。
今回も若草公園へ行ってきました。
1年に2回という少ない回数の中でも、子ども達はたくさんの思い出を作っていたように感じました。
「りす組の時かけっこしてきんちゃんに負けて悔しくて泣いて、でも今日勝った」静かに興奮を押さえるようにして言う姿がとても印象的でした。お散歩中もポニーと一緒に歩きながら「あ!草を食べようと狙ってる!」と横を歩く馬の心を察する女の子。実際に馬の横で歩いているとよくわかるのです。どこの草を食べようと狙っている…とか、ポニーのおじさんと離れてしまうと、おじさんの位置を確かめようとしている、とか。子どもはさすがにそういう部分は敏感です。自分より体が何倍も大きい相手に対してその気持ちを察し、全力で応対していました。
馬を見てもすぐに「乗らせて!」とは言わなくなった青梅幼稚園の子ども達。乗り物ではなく生き物として見る目ができてきたのかもしれない…と嬉しくなりました。(ま)










みんなでだるまさんころんだ!

だるまさんころんだ!とまってる?













2 件のコメント:

  1. 子供達は本当にこの日を楽しみにしています。
    怖くないの?と、聞くと「オレは心が通じてるから大丈夫なんだよ」と、自慢気です。
    私が幼稚園児のころはポニーなんて牧場で引き馬として乗るくらいしか触れあってませんでした。それなのに、子供から「心が通じてる」
    なんて言葉が出てくるなんて、いいふれあい方をさせてもらってるんだなぁ~と、羨ましいです。心が通じてるせいか、前は駆けっこだけでしたが、だるまさんが転んだをしてるなんて
    すごいですね(*´∀`)♪

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      心を育てること、今の時代だからこそ、特に大切なこととしてとらえています。「心が通じてる」なんて素晴らしい発言!
      ポニーを呼ぶようになって3年、子ども達の心にこれからも根付いていってほしいと思います。

      削除