2016年10月24日月曜日

保育参観①

今日は保育参観がありました。普段の幼稚園での様子を見ていただきました。ご家庭と幼稚園での姿は必ずしも一致するものではなく、どっちかで頑張ると、どっちかは気を抜く場所として子どもの姿はそれぞれで違う事が多いと思います。どちらも子どもの真実の姿であり、そのどちらも理解されなければならない姿だと思います。家庭と幼稚園の生活は連続しているものですから、こうした幼稚園での姿を見ていただくこと、ご家庭の様子を担任に伝えていただくこと、は子どもを理解する上で大きく役立つだろうと思うのです。
子どもを理解するには多方向からの視線が必要で、簡単なことではないと思うのですが、今日のお母さんたちを前にして、いつも通りヘンテコな動きをしたり、面白いことを言ったり、たまにキラキラしたことを言ったり、「これはどういう事なんだろうなぁ…」とイスの下を潜り抜けようとしている子を見ながら思いました。木曜日にも保育参観があります。次回はどんな子どもの動きがあるか、今から楽しみです。(ま)











2 件のコメント:

  1. スパイダーママ2016年10月24日 20:45

    いつも楽しみな保育参観。
    でも親がいるとイマイチいつもの感じじゃない様な?なので教室の掲示物をみるのが楽しみです。こんな事思ってたんだ!こんなに上手、、になってない、、。など。ホントに面白いなぁと、思います。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。
    子どもの表現は様々ですから、とても面白いですよね。

    こんなに上手に……、まぁまぁまぁ。
    この時期「楽しく」取り組むことで「面白い」と感じてくれたらその先が必ずあると思います。今は心の畑を豊かに耕すときですから!

    返信削除