2015年6月8日月曜日

保育参加(年少)

「先生、あのね…えーとね…あの…なんだっけ?」

 
3歳児のお友達は言葉は完全ではありませんが、とにかく伝えたいことがたくさんあるのです。そして、そのひとつ一つの瞬間は全力です。

子どもと一緒に過ごす「いま」を充実させるとき、そこから子どもの能動性が動き始め、社会性が生み出される ~中略~
個々の活動をやらせようとあせるよりも、子どもの自我を育てることに力を尽くすならば、子どもは自分のしたいことを自分で見出し、価値ある活動を展開させる。(「保育者の地平」 著:津守真)より

一人一人の行動、言葉を大切に受け止め「いま」を充実させていきたいと思います。

今日は保育参加へのご協力ありがとうございました。(ま)

















0 件のコメント:

コメントを投稿