2015年2月3日火曜日

節分 豆まき会

今日は節分でしたね。
青梅幼稚園では無病息災を願って豆まき会を行いました。

先月の制作の時間に各学年ごとで鬼のお面を作りました。
恐そうな鬼、面白い顔をした鬼、優しそうな鬼、かわいい鬼、様々な鬼のお面を見て、面白いなぁ、と思いました。

大体、絵本などで出てくる鬼は強くて、恐くて、人と敵対するようなイメージのものが多いと思います。確かに恐そうな鬼のお面は多数ありましたし、「鬼」=「悪い」のイメージはその通り、あるのだと思います。でも、子ども達が表現した鬼は必ずしも「恐い鬼」だけじゃありません。
もしかしたら、子ども達は「鬼さん、恐いのは嫌だからこんな風になってよ。そしたらお友達になれるのに…」と言っているのではないかな、と感じました。

制作途中もそれぞれに想いがあって、「この鬼はライオンと闘ったことがあるんだ」「光に弱いんだよ」「砂で作った家に住んでる」「はらぺこなんだよ」などなど。いろんな想いが詰まっている事、想いを少しずつ表現できるようになっている事に大きな喜びを感じました。

今年一年、毎日楽しく過ごせますように!!(ま)





















0 件のコメント:

コメントを投稿