2013年1月11日金曜日

3学期のスタート!

新年明けましておめでとうございます。
 青梅幼稚園は1月8日(火)に新学期がスタートしました。
 2013年最初の登園日、この日は一人のお休みもなく全員で始業式を迎えることができました。(入院しているお友達からも元気な年賀状をいただき、みんなで喜びました)
 久しぶりの登園となるので…何人か泣きながら来る子がいるかな?…と、思っていましたが「あけまして おめでとうございます!」と挨拶すると、「あけまして おめでとうございます」と笑顔でしっかり新年のご挨拶ができていました。
 
中には…
先生:「あけましておめでとうございます」
年少さん:「ありがとうございます」(かなり礼儀正しく)
というような、ほほえましいやりとりもありましたが…。


始業式は久しぶりにお友達に会えた嬉しさからか、みんな笑顔、笑顔、笑顔。
楽しいクリスマス、お正月を過ごせた様子で周りの大人たちも自然と笑顔になっていました。




クリスマスは子どもたちにとって、神様から、お父さんから、お母さんから、サンタさんか、先生から、お友達から、たくさんの人たちから愛されているんだよという事がメッセージとしてあると思うのですが、3学期は「成長」を感じる時期ではないでしょうか。始業式の中、子どもたちがお祈りをする姿に4月・5月の頃とは明らかに違う「成長」があったと思います。子どもたちの「一年」が大きなものであることを改めて感じました。
また、日常の保育の中でも年長さんは年中さんにお当番の仕事を教えています。教える言葉一つ一つに「次はお前たちの番だぞ!しっかりやってくれよ」という強い意志を感じました。自分たちが今までやってきたことに自信が持てている事が伝わってきて、この自己肯定感があれば立派な一年生になれるよ!と思いました。
それぞれの卒園、進級が神様から祝福されたものでありますように!

3学期が子ども達の楽しい思い出となるように日々精進していきたいと思います。(ま)

お仕事を真剣に教えています!

0 件のコメント:

コメントを投稿