2012年5月31日木曜日

もうすぐ食べられるかな…ぐみの実

まだ緑だねぇ
幼稚園の園庭にぐみの木があります。毎年、おいしい実をつけるので、子どもたちは早 く食べたい様子。でも「まだ、緑だねぇ」「あ、これちょっと赤いよ」「でも、まだ食べちゃだめ!」などの子ども同士の会話をよく聞きます。確かに赤くなりかけているのも、まだ緑のもいろいろです。子どもたちに誘われて実をよく見てみると、色が変わる部分のグラデーションの美しさに目を奪われます。緑から黄色を経由してオレンジ、赤、と見事な色合い。この美しさも子どもの目をひく一因になっているのでは…と思うのです。
赤くなってるのはおいしそうに見えるけど…
先日、雨風の強い日の翌日、ぐみの実がたくさん落ちてしまっていました。「あー、落ちてるぅ…」。
でも、子ども達はそれを使って砂場でデコレーションケーキの飾りに使ったりしていました。
そのまた翌日、朝の園庭掃除をしていたら、あれ?
アリの巣にぐみの実がすっぽり入っていました…。もしかして、子どもたちがアリに味見をお願いしたのかな?と思ったらほっと心が温かくなりました。(アリは彼らなりにぐみをかじっていました。おいしかったのかな?)(ま)

3 件のコメント:

  1. コメントの投稿に関しまして簡易的に投稿できるように設定を変更しました。もし、よろしければ、ご意見等をお寄せ下さい。宜しくお願い致します。

    返信削除
  2. 「真っ赤になったらおいしく食べられるから
    それまで待っててね」と言っているにもかかわらず
    我慢ができない子どもたち。。。(笑)

    子どもたちの目にはすでに真っ赤に見えてるのか…(!?)

    今日もジャングルジムに登って、
    まだ思いっきり緑色のぐみの実に
    触っている子を発見
    …というかあれは掴んでましたね(=Д=;)
    その様子に気づいて「ちょっと待ったぁ~!!」
    と声をかけました(笑)

    みんな楽しみにしていて、みんな必死です(^▽^●)
    しばらく目を光らせておく必要があるようです(笑) (ひ)

    返信削除
  3. 大人から見ると狭いと感じる園庭も、好奇心旺盛な子供たちにとっては色んな発見と遊び方があるのですね。ぐみ、梅、あけびなど、子供たちに収穫と味わう喜びを与えてくれる園庭と先生たちに感謝です。
    と&し母

    返信削除