2012年5月14日月曜日

手の感覚

先日、自由遊びの時間に雑巾掛けを作っていたところ、数人の子どもたちがやってきて「お手伝いする!」と言ってくれました。

「じゃぁ、紙やすりで、木目に沿って、こすってね。そうすると、ザラザラのところがツルツルになるから」と言うと元気よく「わかったぁ!」のお返事。
紙やすりを渡すとしっかり、木目に沿ってやすりをかけてくれていました。

あ!こっちのほうがツルツル!
しばらく、やすりがけをした後「ザラザラとかツルツルとか違いがわかるかな?」と子どもたちに聞いてみると「わかるよ。ねぇ、これツルツル?」とある個所を指さすので、触ってみると「おー、ツルツル!」でも、その子はニヤニヤしながら「じゃぁ、こっちは?」別の個所を触ってみると確かにツルツルしているけど、微妙に肌触りが違う感じ。「うーん…」答えに迷っていると「ぜんぜん違うでしょ!」

そうなんです。こういう微妙な手触りなど感覚的な部分は子どものほうが繊細なんです。一生懸命手を動かし感覚を研ぎ澄まし、そして出来上がった雑巾掛けは本当にツルツル!
これからも、幼稚園に必要な物を子どもたちの手を借りながら、作っていきたいと思います。(ま)
できあがりぃ~!

2 件のコメント:

  1. お金を出せば、簡単に物が手に入る時代・・・
    子ども達は、先生と一緒に手づくりをして、物を作る楽しさを感じる事ができたと思います♪
    きっと、紙ヤスリを知らない子も沢山いますよね!
    自分達で作った、素敵な雑巾掛けは、愛着を持ち大切にするでしょうね!
    先日の保育参加では、家の子は、ノコギリをやらせてもらっていました。とても誇らしげでした☆
    本物の経験をさせて頂ける事に感触です!

    返信削除
  2. 雑巾掛けを作っているとき、何をどういう風に手伝ったのかを嬉しそうに話してくれました。また、お土産にもらった紙ヤスリを自慢気に見せてくれました。
    さっそく見せてあげるとばかりに、家のフローリングを擦ろうとしていたときは慌てましたが・・・。
    紙ヤスリやのこぎりなんて、なかなか家では体験させてあげられない事を遊びを通して体験させていただき、感謝です。ありがとうございました。
    と&し母

    返信削除